1. SOLIDWORKS トップ
  2. SOLIDWORKSとは

SOLIDWORKSとは

5つの主な機能

5つの主な機能

20年以上、最も選ばれ続けるものづくりの共通言語がSOLIDWORKSです。
1995年に初のWindows完全準拠3次元CADとして登場したSOLIDWORKS。
その『すぐに実感できる使いやすさ』から、20年を経過した今も、全世界で最も活用される3次元CADとして選ばれ続けています。
そして、あらゆる業種の共通言語として採用されているSOLIDWORKSは、 従来の仕事を効率良くするだけではありません。異なる業種との壁を取り払い、新たなものづくりに挑戦する原動力となります。

使いやすさを徹底追求し続けるSOLIDWORKS

SOLIDWORKSは操作の手数、画面の高解像度化、マウスのドラッグ量までも考慮して、操作性が継続的に改良されています。 これらの機能強化は使った人にこそ伝わるものです。この使いやすさこそ、SOLIDWORKSが長期にわたり活用されている理由のひとつです。

継続的に改良された操作性

開発プロセスを効率化するSOLIDWORKS

SOLIDWORKSの活用方法をプロセス改善の観点で考えてみましょう。
一般的な順を追って進める開発プロセスに対し、SOLIDWORKSを利用する事で、開発プロセスを並行で進める事ができます。
これにより、重大なミスや手戻りの防止・リードタイムの短縮などを実現します。

開発プロセスを効率化

設計者が普段使うツールの中で設計・検証・管理を両立しながら応用する

SOLIDWORKSは設計に必要な作業を効率的に進めることができます。
データも完全に連動しており、設計した部品をすぐに検証し図面を更新し、間違いのない最新版を関係者と共有することができます。

データの完全な連想性

製品設計

製品設計

設計検討と図面化

設計検証

設計検証

設計案の検証と仮想試験

製品データ管理

製品データ管理

製品データの管理と共有

コミュニケーション

コミュニケーション

別部門の指示書や
提案書への応用

品質検査

品質検査

検査作業の効率化ツール

01SOLIDWORKSの特長

メインストリーム CAD 業界のプレミアブランドである SOLIDWORKSは、優れたパフォーマンスと技術革新におけるリーダーシップ、さらには世界最大級のユーザー コミュニティを有し、製品開発サイクルの短縮に貢献しています。操作性に優れ、かつ信頼性の高い機能の数々は、他に類を見ません。

023次元CADについて

3次元CADは、企業のものづくり全体のスピードを飛躍的に向上させることができます。部門ごとの個別最適を求めるのでなく、企業全体の最適化を求めれば意外と早期にスピードアップが実現できます。

033次元CADの設計方法

3次元CADは難しそう・・・とよく言われます。確かに極めれば奥が深いものですが、実は3つのプロセスを押さえればある程度のモデリング(=3次元CADで立体形状を作成すること)はできます。その3つのプロセスを説明します。

SOLIDWORKSに関する無料トライアルやお問い合わせはこちらから