1. SOLIDWORKS トップ
  2. 導入事例
  3. 製造メーカーT社 様

製造メーカーT社 様

SOLIDWORKSを用いた自動設計の導入事例をご紹介いたします。

製品加工用3Dデータ自動作成システムにより、製品加工用3Dデータを短時間で出力することが可能に!
製品加工用3Dデータ作成時のミス軽減も実現。

 

case2_img00.jpg

SOLIDWORKSによる自動設計導入の経緯と実施内容

T社様製品は、基本仕様の種類が少数であるものの、大きさやオプション等の組み合わせバリエーションが膨大である。
製品加工用の3Dデータを仕様毎に作成する必要があり、これに多くの手間と時間が発生するという課題が生じていた。

実施内容としては、自動設計システムの仕組みを利用して「製品加工用3Dデータ自動作成システム(以下、自動設計システムという)」を開発、導入した。基本仕様毎にマスターモデル(10種類)を準備し、システム運用開始時より利用できるようにした。

導入した自動設計システムの特徴

  • 仕様を入力して、実行ボタンを押すことで、仕様に応じた製品加工用3Dデータを自動出力
  • SOLIDWORKSと同じ環境・同じ操作GUIで利用可能
    (SOLIDWORKSのアドインツール)
  • ユーザによるマスターモデル、自動設計ルールの追加、編集が可能
  • 加工用3Dデータ作成のための専用機能を搭載(加工情報の設定・出力)

自動設計システムの効果

自動設計システムの導入により、膨大な数の仕様に対応した製品加工用3Dデータを短時間で出力できるようになった。また、製品加工用3Dデータ作成時のミスの削減を実現した。

主な2つの効果

  • 3Dデータ出力の時間短縮
  • 3Dデータ作成時のミス軽減

お客様の声

従来、担当者に3DCADの操作教育を受講させて、長時間、製品加工用3Dデータの作成に従事させる必要がありました。本システムを導入することで、3DCADに習熟していない担当者でも、製品加工用3Dデータを簡単に素早く出力できるようになりました。また、人手作業で発生していた3Dデータ作成時のミスを削減する効果を得ることができました。

SOLIDWORKSに関する無料トライアルやお問い合わせはこちらから