1. SOLIDWORKS トップ
  2. 製品一覧
  3. Tacton Design Automation(自動設計ツール)

Tacton Design Automation(自動設計パッケージ製品

バリエーション設計を自動化するツール

Tacton DA 設計画面イメージ

市場では高度にカスタマイズされた製品が求められています。少しずつ仕様が異なる製品を設計・製造するメーカーにとって、ベースの製品から間違いなく仕様変更するためには、製品知識に基づき手作業で新しい図面の作成や修正作業を迅速、かつ、正確に行う必要があります。この繰り返される非効率なタスクは自動設計技術の導入で、より短時間となり、また設計ミスを防ぐことも実現します。これにより設計者は製品開発や改善、技術の習得など創造的な時間を確保することができます。

ただ「自動設計システムを導入したいが自社では難しいのでは…」このようなイメージをお持ちではないでしょうか。

「Tacton Design Automation」は、導入しやすいパッケージ製品として好評を得ています。

SOLIDWORKSのアドインツールとして利用でき、設計者は普段使い慣れたCAD環境の中で違和感なく利用する事ができます。意識せずに自社のルールに基づいた設計ができ、複雑な設計作業によるミスの防止や作業負担の大幅な軽減、また熟練者のノウハウを共有する事が可能です。


お見積り IT導入補助金制度対象


Tacton Design Automationの特徴


導入のしやすさ

設計イメージ画像

Tacton Design AutomationはSOLIDWORKSのアドインツールとして準備されています。
専用システムの開発と比べ導入費用を抑えられ、また短い導入期間で運用を開始できます。
管理者用のモジュールが準備されているため、一部の製品を対象に運用を開始し利用範囲を徐々に広げていくようなスモールスタートも可能となります。

優れた仕様制御機能

Tacton DA仕様選定イメージ画像

あらかじめ指定した設計ルールに基づき、仕様選定を制御することができます。
例えば、設計者は「指定した仕様に基づき自動で部品が選定される」
「現状の仕様において、指定できる寸法や部品が対話的に明示される」など、複雑な考慮を必要とする
設計作業を、より短時間に行う事ができます。


またモデル寸法やフィーチャーだけではなく、部品の価格や性能などを設計ルールに組み込むことができます。

メンテナンス性

専用システムの開発では、SOLIDWORKSのバージョンアップに伴い、その都度改修が必要となる可能性があります。

Tacton Design Automationの場合、SOLIDWORKSのバージョンアップに追従し、対応モジュールが準備されるためプログラム自体の改修は不要です。
そのため、想定外の費用も発生しません。

プログラミングの知識は不要!優れた操作性

TactonDAイメージ画像

従来の自動設計では設計ルールの作成にプログラミングの知識が必須でした。

Tacton Design Automationの場合、管理者用のモジュールを利用し四則演算・比較式にてルール設定を行います。Excelレベルの式が使用できれば問題なく操作がシンプルなため、比較的、短期間に基本機能を習得することができます。

Tacton Design Automation ユーザの声

その1

 

自動設計により設計時間を70%短縮できた

その2

 

長年蓄積してきたナレッジを標準化できた

その3

 

新しい要件に合わせて古い図面を再利用するのではなく、カスタムの 3Dモデルを迅速に生成できるため、2DCAD から 3DCAD への移行がスムーズに進められた。

その4

 

使い慣れた CAD 上で利用できるため、習得のための時間を最低限に抑えられた。

Tacton Design Automation 製品構成

TactonDA_Engineer画像

Tacton DA Engineer

― システムの実行モジュール:実際に運用するために必要

TactonDA_Studio画像

Tacton DA Studio

― システムの開発モジュール:システム構築に必要

Tacton Design Automationは優れた機能を持ちつつ、メンテナンスや操作は簡単で早期に使い始められるため、
「自動設計に興味はあるけど難しそう…」と思われている方に、是非お勧めします。

TactonDesignAutomation詳細情報のバナー画像

SOLIDWORKSに関する無料トライアルやお問い合わせはこちらから